【ぐっすり】寒い夜に暖かく寝る5つの方法【熟睡】

なみだぬこ

寒さで目が覚めるねんけど

日中も寒いけど、寝る時はもっと寒い。
冷えは身体に良くないし、痩せたい人にも良くないし、色々と良くない!!!!

今回はわたしが実践している寝る時の寒さ対策を5つご紹介します。

さけぶぬこ

あったかくして寝なアカンで!!!!!!

目次

冷えは万病の元

そもそもなぜ冷えは身体に悪いのでしょう。

オムロンの公式サイトにはこのように記述があります。

冷えを放っておくと次のような悪影響があります。

●内臓の働きが悪くなり、免疫力が低下。風邪や感染症などにかかりやすくなる。
●からだが冷えるので、だるさや下痢、月経不順、不眠、肩こり、頭痛などの不調が起こりやすくなる。
●美容にも冷えは大敵。全身の新陳代謝が悪くなることで、抜け毛、白髪、肌の乾燥やくすみ、肥満などを招く。
出典:オムロン式美人

しゃり

ひえっ。。。
(余計寒くなるダジャレ)


病気も怖いけど、抜け毛や肌の乾燥も招くなんて。。。
なんとしても冷えは阻止したい。いや、しなければならない!(熱い)

暖かくして寝るおススメの方法

電気あんか

オーソドックスな方法ですね。
安いものでは1,000円もせずに購入できるので、コスパも良いと思います。
今は平形のものを使っていますが、個人的には山形になっているほうが足首にフィットして好きです(笑)

あと、朝は目覚めが悪く寝ぼけまくっているわたしはよくあんかを切り忘れます(白目)

切り忘れに注意ですが、電気代が、平形は約1.2円/日、山形は約1.8円/日と経済的◎



電気毛布

電気毛布は最近買ったグッズです。
私は掛けではなく、電気敷毛布を買いました。


多くはダニ退治モードも付いているので安心。
温度低でも十分暖かく、布団の中全体が暖かくなるので、電気毛布を使うようになってからぐっすり度が上がった気がします。

こちらも電気代が1.2円/日と意外とリーズナブル。
1ヶ月毎日使っても36円。こちらもあまり家計を心配せずに使えると思います。

レッグウォーマー

個人的には靴下よりもレッグウォーマーの方がおすすめです。

最近は履いてませんが、レッグウォーマーで第二の心臓ふくらはぎと足首を温めることによって、靴下よりも足先が温まっている気がします。
また、足裏で体温調節を行っているので、あまり素材の良くない靴下を選んでしまうと体温調節が上手くできず、逆に足を冷やしてしまう場合も。
どうしても靴下を履きたい!という方はシルクなど、通気性や保湿性の良い素材を選ぶようにしましょう。

寝ながらメディキュット

元々は冷え対策用のグッズじゃないけど、下半身全体を包み込んでくれるのであったかい!
骨盤サポートもしてくれるし、むくみが気になる日に履いて寝たら次の日の朝が違う。

めちゃ脚が軽くなります。足首も見えて脚が綺麗に見える。

しゃり

骨盤サポートに関しては口コミサイトでも賛否両論あるみたいですが、私は効果を感じています。

あと、同じ形で夏用の涼しい素材が出ないかなーと、数年前から切望(笑)


養命酒

最後はこちら。
今回紹介した中で、唯一『身体の内側から温める系』です。

Q.どんな効果があるの?どんな人にいいの?
A.「薬用養命酒」は漢方医学の考え方に基づく滋養強壮の薬酒で、体が本来もっている働きを正常に整えて、健康体に導くのが特徴です。
日ごろ続けていると、自律神経系などに穏やかに働きかけ、滋養強壮剤として、胃腸虚弱・食欲不振・肉体疲労・冷え症・血色不良・虚弱体質や病後の方の体力の回復などに効果をあらわします。

出典:「薬用養命酒」に関するよくあるお問い合わせ
しゃり

養命酒ってもっと年上の人が飲むモンちゃうん。

と思っていましたが、牛乳や豆乳と割って飲むとけっこうイケます。
養命酒についての記事を書こうかなーと思っているので、書き上げた暁にはぜひ見てやってください。笑

養命酒飲んでみた記事はこちらから。


さいごに

すでに取り入れているもの、取り入れてみたいものはありましたか?
あんかや電気毛布に記載した電気代はあくまで目安です。
今は電力会社やプランも多様化していますし、まだまだコロナでおうち時間も長引くと思います。

これを機に電気料金を見直してみるのもいいかもですね。

温かくして寝て、起きたら白湯を一杯!
男女問わず、温活取り組んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

楽天ROOM

しゃり。チャンネルを応援する

にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事を書いた人

アパレル会社に勤める洋服と猫が好きな25歳。猫と喋れますが飼ってはいない。
発売当初からあつ森にハマり中。
特技は餃子をきれいに焼くこと。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる